チップボイラー


身近な森林資源のエネルギーへの活用として、チップボイラーの選択は有用です。

ほとんどの産業、生活のエネルギー源として森林を活用できます。

森林資源をエネルギー源として、油のボイラーと同等に、給湯・冷暖房・融雪・乾燥といったものに活用できます。

いろいろな”低減”

・森林資源を少しの加工で燃料へと活用する、燃料加工の環境負荷低減

・化石燃料にくらべて安価な木質バイオマス燃料によるランニングコストの低減

・カーボンニュートラルによる環境負荷の低減

・持続可能な自然エネルギーの燃焼による環境負荷の低減

・地元森林資源の活用による、生産から消費に至る利益の外部流出を低減

地元商社ならではの細かいアフターフォロー

環境関連設備はまだまだ大手商社の販売が主です。定期メンテナンス、補修修繕にかかるコストはけっこう大きく、その中でも商社、メーカーが設置場所から遠いがための費用の割合は決して低くはありません。私たちは地域密着商社として、アフターのきめ細かさと経費減をお客様にご提案いたします。

取扱ボイラは スイス Schmid社の製品です。 
輸入販売元と共同でアフターフォローいたします。

生チップボイラー UTSRシリーズの特徴

・安価な生チップが使用できます。

チップは自然の燃料であるがゆえに、安定した燃焼、エネルギー取り出しが難しいものです。なかでも水分がエネルギーロスの大敵であります。多段燃焼炉により、燃焼ガスの熱で水分を蒸発させ、上の段で完全にガス化燃焼させます。
ボイラ内の温度を的確に制御し、最適な燃焼状態を維持します。

・公害対策

木質バイオマス資源活用が盛んな欧州での厳しい規格水準をクリア

・高メンテナンス性

煙管部には自動灰掃除装置、燃焼炉内の灰、煙道サイクロン部内の灰も灰処理ボックスに送られ、定期的な灰廃棄で運用できます。

・ボイラ検査・資格不要

無圧缶水式ボイラです。

・簡単な設置と配管

屋外タイプでは、温水ボイラ用コンテナとサイロ用コンテナにシステムが組込まれ、納入現場の基礎コンクリートの上に設置し、負荷側への配管をするだけの作りです。
屋内タイプでは、温水ボイラシステムのみが機械室内に設置され、サイロは屋外へ設置いたします。

生チップボイラのシステムとスペック

現状のボイラの状況、地域の木質バイオマスエネルギーの状況を分析し、導入方法、導入形態、規模、効果などを検証、最適なシステムをご提案いたします。
お気軽にご相談ください。
<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'alt' in <b>/usr/home/ae13638zpc/html/wp-content/themes/replan/single-38.php</b> on line <b>23</b><br />
1
メーカー
Schmid
品名
UTSRシリーズ
価格
オープン価格
機体概要